インフォメーション

周辺情報

周辺情報【2018 .06.07】
雷鳥を見に立山へ行こう!

立山と雷鳥
2018/06/07撮影

立山には日本アルプスの雷鳥(約3000羽)の1割にあたる300羽もの雷鳥が生息しています。標高2450mの室堂平のハイマツ帯は、その中心的な生息エリアになっています。

周辺情報【2018 .05.24】
ピークを目指さない旅

高原リゾートで滞在しませんか?
お部屋から、雲の流れをぼんやり眺めながら、読みかけていた本を読んだり・・・
ウトウトしたり・・・
気が向けば、高山植物や紅葉を瞳のシャッターに焼き付けるぐらい見ていたり・・・
何をしていても、高原を流れる風の音が聞こえるだけです。
登山に来たのではありません。
唯、ゆっくりと自分と向き合い、五感をリラックスさせたかったのではないでしょうか。

周辺情報【2018 .05.17】
称名滝

立山連峰の雪融け水が一気に流れ込む「称名滝」

落差は350m
水量の多い春には、右側にハンノキ滝、
その周辺にもいくつもの小さな滝が現れます。
2018/05/15撮影

アクセス 富山県側 立山駅より
「称名滝探勝バス」にて15分

周辺情報【2017 .06.25】
Enjoy Tateyama

雄大な自然の中をお散歩

気軽に自然散策を楽しめるのが立山の魅力です。

 

 

周辺情報【2016 .09.17】
鮮やかな紅葉を見に立山へ

立山黒部アルペンルート上の最高地点2450mの室堂より9月中旬の紅葉が始まり、富山県側アルペンルートの玄関口、立山駅475mまで、標高差2000mを約2ヶ月かけて、ゆっくりと麓へ下っていきます。

この期間中であれば、区間内のどちらかで、紅葉が見頃を迎えています。

L1150698-2

△立山天狗平の紅葉 標高2300m 2015/9/26

 

L1150720

△天狗の鼻 2015/09/26

 

L1150763

△弥陀ヶ原 1930m 2015/09/28

L1151039

 

△称名滝 標高1000m付近 2015/10/20

 

L1150919

△天狗平 2300m 2015/10/14

10月中旬には紅葉と雪の共演もご覧いただけます。

 

立山ではそれぞれの場所で、それぞれの絶景が、迎えてくれます。