インフォメーション

新着情報

新着情報【2016 .09.29】
立山黒部アルペンルート 紅葉情報

DSC00262-2
2016/09/27撮影
現在、立山黒部アルペンルートの広い範囲で紅葉をお楽しみいただけます。
室堂から弥陀ヶ原にかけてナナカマドの赤色やミネカエデの黄色が目立ち紅葉の見ごろとなっております。
室堂平~天狗平周辺 
例年の見ごろ 
天狗平・室堂 見ごろ(9月中旬~)2300m~2450m
※昨年と同じペース
 室堂平周辺の山肌はナナカマドの赤色やミネカエデの黄色が色づき見ごろをむかえています。
 雷鳥沢では、ナナカマドやミネカエデが目立ち紅葉の見ごろとなっております。
弥陀ヶ原  見ごろ(9月下旬~)1930m
※昨年より少し早いペース
 ナナカマドの赤色やダケカンバ、ミネカエデの黄色などが広範囲で見ごろとなっております。
弘法  色づきなかば(10月上旬~)1630m
美女平  まだ (10月下旬~)977m
称名滝  まだ (10月下旬~)1180m
大観峰  色づきなかば(9月下旬~)2316m
※昨年と同じペース
 立山ロープウェイ下のタンボ平はナナカマドやミネカエデの色づきが日に日に進んでいます。
黒部平  色づきなかば(10月中旬~)1828m 
黒部ダム  色づきはじめ(10月中旬~)1470m
扇沢  まだ (10月中旬~)1433m

 

 

 

 

新着情報【2016 .09.15】
北アルプス 立山ガイドの軌跡 展 【立山から、南極・ヒマラヤへ】開催

 

ホテルのロビーでは現在、北アルプス 立山ガイドの軌跡 展を

現在開催しています。

saasda-2

 

明治・大正時代の立山・大山の山岳ガイドや、黄金期の名ガイド、剣岳に名を刻んだ名ガイド達(ちょうど、剣岳 点の記の時代です)。

また、立山ガイドが、南極の第1次観測隊員として、出発した当時の話やヒマラヤ登山など沢山のエピソードをご覧いただけます。

 

ホテルにお立ち寄りの際には是非、ご覧ください。

新着情報【2016 .06.20】
星空がもっと好きになる「スターウォッチング(星空観察会)」のご案内

参加無料・予約不要

 
立山高原ホテルでは、富山県天文学会より講師を派遣いただき、本格的な天体望遠鏡を使い星空観察会を実施いたします。
澄んだ空が広がる立山で、星に思いを馳せる素敵な夜をご案内いたします。
 
圧倒的な好視野を誇る天狗平で観察会を行います。
天の川、流れ星、夏の大三角、土星の輪や国際宇宙ステーションなど
見られるかもしれません。(雨天、曇天時は室内プログラムを実施します。)
 
日程
2016年6月25日(土)、7月9日(土)、7月23日(土)、8月7日(日)、8月27日(土)
9月10日(土)、9月24日(土)、10月9日(日)
 
時間
19:30頃より
 
服装・持ち物
季節に合った暖かめの服装、履き慣れた靴、お持ちの方はライトや、双眼鏡、三脚付きのカメラなど。
星の軌跡

新着情報【2016 .05.06】
星の聖地

ホテルから一歩足を踏み出すと、そこには満天の星に照らされた、別世界が広がります。

2016/05/05撮影

 

2016年ぜひ見ておきたい天体ショー☆彡流星群

 

5月6日 みずがめ座η流星群
6月23日 夜明け前、うしかい座流星群
7月20日~30日 みずがめ座δ南流星群/やぎ座α流星群

8月12日ペルセウス座流星群
8月20日 はくちょう座κ流星群
10月8日 おうし座南流星群

 

DSC00033-2-2

新着情報【2016 .04.21】
雪の大谷

ゴールデンウィーク直前の「雪の大谷」

現在の雪の高さは13メートルあります。

 

DSC00029-2

標高2450mの立山室堂付近にある「大谷」は、吹きだまりになっているため特に積雪が多く、その深さは20mを超えることもあります。

 

この「大谷」を通る道路を除雪してできる、雪の壁が「雪の大谷」です。

2016年4月20日撮影